RED STONE
●RED STONE公式●
●RS Wikiサイト●
●したらば●
●色々計算機●

当サイトで利用している画像及びデータは、
株式会社ゲームオンに帰属します。
許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、
予めご了承下さい。
(C)2007 L&K LOGIC KOREA CORPORATION. All Rights Reserved
(C)2007 GameOn Co., Ltd 無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」
<< かったほん | main | カラオケージョン >>
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2015.02.11 Wednesday | - | - | - |
 【小説】永遠の0(ゼロ)
を読み終えました。
泣いたけど、ちょっと時間が経って思ったことは

「考え方、間違ってたな」
と。
小泉元首相が靖国に参拝した時、
『他の国と揉めるような事、何で今やるかなぁ…』
って思っていました。
その考えは間違いだったな、と。
(姿勢はステキだけど個人的に小泉はキライですがっ)

今の日本は、私たちがいるのは
守ろうとしてくれた人たちがいたからであって。
身を挺して守ってくれたのは、上層部じゃなくて
「駒のように使われた」
私より年下の誰かの「息子」だったり、
「夫」だったり、「父親」だったりした人たち。

妄信的な人もいたのかもしれない。
だけど、守りたかったのは日本で。
その日本に住む家族を守りたくて。

総てじゃないにしろ、上に立つ人たちは高見の見物。
自分の命に危険が及ばない方法で、下の人たちを使い捨てる。
下の人たちは、必死に従う。

情報に躍らされ、挺の良いように事実が変わる。
変わらずとも、そう思える文や絵になるように
本当に必要な情報を隠し、自分たちが痛まないように情報を広げる。

何だか、今と同じだなぁって。
振り回される私たちも私たちで、
あの人が良いって言ったから、とか。
集団の意見に流されるのは仕方ないかもだし
私自身にそういう傾向が強いのかなとも思うんだけど、
もっと誇りを持ちたいなって思った。

日本人としてとかじゃなく、父と母から産まれた、日本人の私として。
一人の人間なんだ。
私のひとつの行動で、私の周りは、私を取り巻く世界は
ちょっとずつでも変わっていく。
選ぶことが出来るんだから、たくさんの良い選択をしよう。

何を言いたいのかわかんなくなってきたけど!

強くあるのは、自分としてどうするのかって想いだったりなのかなって。

そして、もっと過去の戦争のこと、もっと知りたいなって思いました。

無かった事に何てできないし、
否定しても何も始まらない。
過去がないと未来は産み出せないんだし
過去にはたくさんの凄い人たちがいるんだから、
そういう人たちの人生の学びを少しでも頂戴出来たら。

って、物語として読む視点と、宮部の「人格者」であったこととか
現代に対する皮肉とか、
絶対的な考えで自分を押さえつけ他視点を許さない怖さとか、
ひとつの小説で学ぶことはたくさんあるなぁ。

身近な所から、紅の豚や火垂るの墓をもう一度みてみよーかな。



そんなわけで、オススメの本です。
厚さの割に読みやすかったし。
私のように考えを改めさせられる人がいるんじゃないかな。
少なくとも、神風特攻隊をテロだとは思いません。
恐怖の中に、守ることを一番にして亡くなった、一人一人の日本人だと思います。
感謝とかありがとうって言葉とは何か違うのかもしれないけど、
いや、何だろうこれは…
守るために散り行く事に感謝じゃなくて、命をとして守ろうとしてくれた方たちに
ありがとうございますと、ご冥福をお祈りします。


朝からロールケーキとパンしか食べてない!
納豆ごはん食べますかー。
| 2011.06.18 Saturday | 感想文 | comments(0) | - |
 スポンサーサイト
| 2015.02.11 Wednesday | - | - | - |
Comment