RED STONE
●RED STONE公式●
●RS Wikiサイト●
●したらば●
●色々計算機●

当サイトで利用している画像及びデータは、
株式会社ゲームオンに帰属します。
許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、
予めご了承下さい。
(C)2007 L&K LOGIC KOREA CORPORATION. All Rights Reserved
(C)2007 GameOn Co., Ltd 無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」
<< はらのなか。 | main | 仮に時間を戻せるとしたら、いつに戻りたい? >>
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2015.02.11 Wednesday | - | - | - |
 夜と霧を読んで
ヴィクトール・E・フランクル著 池田香代子訳の
新版『夜と霧』を読みますた。

心理学者、強制収容所を体験する―
が副題でいいのかな。

客観性(心理学的視点)を持って、自らの体験を語った本です。

感じたことや、心に止めたいと選んだ事柄を書き留めたりしてます。


…後半あたまごっちゃごちゃになってます!
苦悩と言う情動は、それについて明晰判明に表象したとたん、苦悩であることをやめる。
スピノザ『エチカ』


現実を無価値なものに貶めることは、節操を失い、堕落することに繋がった。
無期限の暫定的存在である収容所の生活に、目的が見出だせないからだ。
そういった人は、過酷極まる外的条件が
人間の内的成長をうながすことがある、という事を忘れている。



う〜ん…

難しかったけど、しっかりと勉強をしてなかったにしろ
心理学を学んでおいて良かった〜。

でも、全く活かせてないけどねっ(´ω`)


本を読んで感じた事は
「未来(目的)を持つことは、自分の尊重に繋がる」
「誰にでも、生きる意味はある」
「その意味は、一人一人が違うもの」
「現状に対して諦めを持つことは、自分に対して諦めを持つことと同じ」
「悩み苦しむことも、『わたし』として生きる上で大切なこと」
「その悩み、苦しみに対して、逃れるその場しのぎの考えではなく、未来を描く事が希望に繋がる」
「苦しめられたからといって、自分が誰か、何かを苦しめる権利などない」
「立場によって人は変わるのではない。その人がもつ人間性による」

思いつく事をズラズラと書いてみました。

この本を読んで、私はどう活かそうか?

人の事に対して他人事だから(実際に他人事なんだけど)
決めつけたり、その場だけを見ようとする癖があるなぁ。

決めつけることで安心してるんだろな。

だけども一人一人、過去も感情も描く未来も違うもの。

過去によって感情は起こされちゃう。

でも、未来はその過去と同じになる事はきっと無いわけで
諦めず、状況に失望せず、私自身に目的と行動が見出だされたなら
それって、すてきやん。

じゃなくて。

楽観視もガッカリしちゃうことが多くて、
自分が大切にしてるものや事、それに対して何ができるか、何がしたいのか、
誰の幸福になるだろか〜って考えて行動することが大事なのか。

筆者が体験した事は、文章を読んでも、ほんっとーに体験したようには思えない。
ただの事実でとらえようとしちゃうけど、色んな過程、持ち合わせた人間性とか
色んな事が、人生そのものが影響してるんだ。

最近読んだ小説の中には、事実だけを知って人は判断しようとする。
その背景に何があったか、どんな経験をしてきたのかを知ろうとしないってのがあったんだけど
私もそんな考えになってる。
気づかないうちに、まだまだまだまだなってる。

話が逸れた!

人は一人一人が違う生き物で、
人間として、精神的にも「選ぶ」事ができる。

何かのために(自分のその場しのぎの快楽じゃなく)
決断をする事は自分を高めてくれる。

あ、ジョジョっぽくね!?
黄金の精神じゃね?

ごめんなさい、眠いのかな。


ふと頭によぎったのですが、時々ほんのり感じる
「自分は世界の一部で、世界は自分の一部」
が、あーまだ飲み込めてないや。
カオス状態ですね。

うーん。

誰と比べるんじゃなく、今在る現実の中で
私は何が出来るのだろーか。

誰かの幸せのために。


しゃーわせをたくさん与えられる人になりたいね。


あ、夜と霧の終盤を読んでいて。

やっぱり、自分を減らしてでも誰かを助けられる人になりたいね。
でもまだまだ遠くて、私は存在意義(評価)を周りに求めて
私として動けない。

確固たる自分を持て!
っていうのも何か違うけど
私が誰にどう見られるか。よりも
私が誰に何をしたい。
どう感じてほしいのか。

が大切だけど
…う〜んwww

私の癖は結論で言い切ろうとすることだ。
安心したいんかな。


感情を抑えることはないし、それはきっと学べば色んな事が助けになる。
(前に書いた右脳左脳のアレだね)

感じることは生きてる証なんだから、もっと素敵な生き方をしよーぜ!

まとまらないけど、ほんな感じです。
やっぱり他者から本にしろ話にしろ学ぶことは大事だなぁ。
繋がる感じがちょっとだけある。かも。かる。がも。かるがも。

んでわお休みなさい!!
| 2011.07.07 Thursday | 聞いた知った感じたメモ。 | comments(0) | - |
 スポンサーサイト
| 2015.02.11 Wednesday | - | - | - |
Comment